むし歯治療

むし歯は感染症です

人間の口の中には、多くの細菌が生息しています。 その数、なんとおよそ数十億。お口の中には、無数の細菌がうごめいているのです。これらの細菌は300~400種類と言われていますが、その中のミュータンス菌とラクトバチラス菌が、むし歯の原因となっています。
ミュータンス菌とラクトバチラス菌は、人間が摂取している食べ物に含まれる糖分を栄養としています。糖分をエサにプラークと呼ばれる粘着性の物質(歯垢)を生み出し、増殖します。このとき放出する酸は、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまいます。これこそが「むし歯」なのです。
近年、一般にも広く知られるようになってきましたが、実は離乳前の赤ちゃん口内には、むし歯の原因菌がいないことがわかっています。離乳食をとる頃になって、家族の唾液の付着したスプーンなどを一緒に使うことにより、むし歯菌は赤ちゃんの口の中に侵入します。このようなことを意識すると、むし歯が「感染症」であることが理解しやすいと思います。
他の感染症と同じく、できるだけ原因菌を体内に入れない・原因菌を体内で繁殖させないようにするなど、むし歯にならないよう心がけることはできます。
それでもむし歯になってしまった場合には、適切な治療を速やかに受けるようにしてください。むし歯は放置しても、決して自然治癒することはありません。
むし歯治療は、むし歯の程度によってどのような処置をするかかわって変わってきます。仕上がりに関しても、歯を削った範囲によって、白い樹脂系の詰め物で対処する場合と、歯の型をとって金属を詰める処置をする場合などがあります。
むし歯の状態が深刻で、神経まで達してしまったり、すでに神経まで侵されたりしている場合には、歯の根の感染部分をきれいに掃除し、殺菌して密閉する処置が必要になります。

むし歯の原因

むし歯の原因は、主に3つの観点で考えることができます。
それは「細菌」「糖質」「歯の質」の 3つです。これらの要素が複合的に関わり合って、時間の経過とともにむし歯が発生します。
むし歯の原因となる細菌が口内で繁殖すると、ネバネバとしたプラーク(歯垢)を生み出すことによって、より歯にしつこく付着します。同時に、糖質(特に砂糖)から酸を作り出して、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かして歯をもろくします。
歯の質には個人差がありますが、乳歯や永久歯などの歯が生えたばかりの時期は、むし歯になりやすいので注意が必要です。歯の生え方が良くない場合にも、磨き残しが多くなり、細菌のエサとなる糖質がお口の中にとどまりやすくなることから、むし歯の発生に影響していると言えるでしょう。
むし歯の原因になる以下の点をチェックしてみてください。

  • むし歯になりやすい、噛み合せ・歯並び
  • 糖質をよく摂取している
  • 毎日のホームケア(歯磨きなど)を怠っている
  • 丁寧に歯磨きができていない
  • プラーク(歯垢)が歯に長時間付着したままに
    なっている

むし歯の進行

  • C0 白濁が見られる

    初期のむし歯です。まだ歯の表面のエナメル質に変色が見られる程度で、ご自身ではほとんど気づきませんが、歯科医師の所見ではチェックされます。このまま放置するとどんどん進行してしまうので、この段階で早めに見つけることが大切です。
    状態によっては歯を削ることなく、フッ素塗布などで歯の再石灰化を促して対処することが可能です。

  • C1 自覚症状がない

    歯の表面のエナメル質が溶けてきて、黒っぽく変色してきます。
    歯のくぼんだ部分が黒ずんできて見えるので、この段階でご自身で気づかれる患者様もいらっしゃいますが、痛みがないのでほとんどの方はむし歯だという自覚がありません。
    この状態では、むし歯部分を削って対応します。ほとんどの場合、保険適用が可能な白い樹脂の詰め物で埋めることができます。

  • C2 冷たい風が歯にしみる

    歯の内側の象牙質までむし歯菌に溶かされ、歯に穴が開きます。
    この段階まで進行すると、食事や歯磨きの際にしみるような痛みが発生し、むし歯であるという自覚症状が出ます。とくに冷たいものを口に含んだときに、気づかれる方が多いようです。
    C1段階と同じく、むし歯部分を削って白い樹脂の詰め物をしたり、セメントを詰めて金属の被せ物をしたりします。

  • C3 ズキズキと痛む

    象牙質のむし歯の穴が、歯の内部の神経(歯髄)まで達してしまった段階です。
    神経まで到達しているので、食事をするのが困難なほど、ズキズキと激しい痛みが出てきます。歯肉が腫れることもあります。
    状態によっては、むし歯菌に侵された神経を取り除き、しっかりと殺菌清掃を行なう治療をします。歯の内部の治療ができたら、穴をふさいで被せ物をします。

  • C4 歯が溶けて根元部分だけのこった状態

    口を開けたときに見える部分(歯冠部)がむし歯菌によって溶かされ、もはや歯は根の部分しか残っていないという深刻な段階です。
    ここまで進行してしまうと、ほとんどの場合は歯根を残すことが難しくなります。歯根や神経を取り除いて消毒し、インプラントや入れ歯、ブリッジなどで失った歯の機能を取り戻す治療に進みます。
    この段階に至っても放置すると、顎骨にまで感染が広がり非常に危険です。必ず歯科で適切な処置をしましょう。

ページ上部へ