インプラント治療について

インプラント治療について

インプラント治療は、失った歯の機能を取り戻すための治療のひとつです。
人工歯根(インプラント)を顎骨に埋め込み、そこへセラミックなどで作った人工歯(上部構造・歯冠)を取り付けます。
インプラントにした歯で食べ物を噛むと、食感がしっかりと顎に伝わるので、自分の歯と同様の感覚で味わうことができ、会話などでも違和感を覚えることはありません。見た目も天然歯に劣ることなく自然な仕上がりになるのがインプラントの大きな特徴です。
無くなってしまった歯根の位置に人工歯根を埋め込むうえ、噛むたびに刺激が顎に伝わるため、入れ歯やブリッジのように経年で顎骨や歯肉が痩せてしまう心配もありません。
インプラントは、チタンという素材で作られます。チタンは生体親和性が高く、顎骨としっかり結合する金属です。非常に安定していて金属アレルギーも起こしにくいという性質があるので安心です。
審美性に優れ、使用感も天然歯と遜色なく安全なインプラントは、定期的なメインテナンスをきちんと行なえば半永久的に使用することも可能で、「第二の永久歯」とも呼ばれる優れた治療法なのです。

インプラントの構造

上部構造(人工の歯)
セラミック素材で作られた人工歯は、見た目や強度がご自身の歯とほぼ同等に仕上がります。
アバットメント
インプラントと上部構造をつなぐパーツです。噛み合わせの状態を確認しながら、角度を微調整して取り付けます。
インプラント(人工歯根)
チタン製の人工歯根です。顎骨に埋め込む手術をします。骨と強力に結合するので、食べ物をしっかりと噛むことができるようになります。

インプラント治療の術式

インプラント手術には、1回法と2回法があります。
インプラント(人工歯根)を顎骨に埋め込む手術の際に、アバットメント(人工歯とインプラントの接続部分)まで取り付けるのが1回法です。顎骨が硬く骨量も充分にある方に適しています。
2回法では、インプラントと顎骨が結合するのを数ヵ月待ってから、アバットメントを取り付けるための手術を行ないます。2回目の手術は、歯肉を切開する程度の簡単なものとなります。
患者様の顎骨が軟らかい場合には2回法を採用します。骨量が少ないときには、骨移植などの方法をとることもできます。
1回法と2回法、どちらの手術法を選択するかは、口腔内検査の結果と患者様のご希望をうかがったうえで、医師が判断させていただきます。
またインプラント手術は局所麻酔で行ないますので、痛みはありません。

1回法

歯肉を切開し、顎骨にインプラントを埋め込む穴をドリルであけて、インプラントを設置します。1回法では、アバットメントと一体化したワンピースタイプのインプラントを用います。
アバットメントの上部は、歯肉を被せず露出させた状態にしておきます。
顎骨とインプラントがしっかりと結合する期間を待ってから、人工歯をアバットメントに装着します。2回法と比べると、人工歯の取り付けまでの期間が短く済むというメリットがあります。

  • インプラント埋込時に、アバットメントの頭を出しておきます
  • インプラントと顎骨が結合し、歯肉の状態も安定したところで、上部構造を取付けて完了です

2回法

2回法の1次手術では、1回法と同様に歯肉を切開してインプラントを設置します。埋め込んだインプラントの上に、歯肉を被せて縫合します。
その後インプラントと骨がしっかりと結合するのを待ちます。約3~6ヵ月かかります。
インプラントが顎骨と結合したら、2次手術を行ないます。2次手術では再び歯肉を切開して、露出させたインプラントにアバットメント(人工歯とインプラントの接続部分)をセットします。この状態で型を取って人工歯を作製し、アバットメントに装着します。

  • 埋入したインプラント体に歯肉を被せて縫います
  • 骨と結合したら、切開してアバットメントを設置し、仮歯を取り付けます
  • 歯肉が治癒したら、最終的な上部構造(人工歯)を取り付けて完了です

インプラント治療と他の治療の比較

歯を失う代表的な原因は、むし歯や歯周病、外傷などです。
歯を欠損させたまま治療しないで放置すると、顎の骨が痩せたり、噛み合わせの変化にともない残った歯が動いてしまったりします。将来的には失った歯ばかりか、健康だった周囲の歯までも次々に失っていく原因にもなってしまいます。
こうした危険性を防ぐために、失った歯の機能を取り戻す治療をする必要があります。
「インプラント治療」「義歯・入れ歯治療」「ブリッジ治療」の3種類、それぞれの治療法の特徴について、ご説明していきます。

インプラント〜平均寿命10年以上〜

インプラントとは、人工歯根のことです。
「第二の永久歯」とも呼ばれるインプラント治療は、天然歯に劣らない見た目と噛む力を取り戻すことができる大変優れた治療法です。
抜けた歯根のかわりに人工歯根を埋め込むことで、歯肉が痩せることも防げるので、残った健康な歯を守っていくためにも有効です。
インプラントの構造は、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)に分けられます。この上に上部構造補綴物(人工歯)を取り付けます。
インプラント体は人体との親和性が高いチタン製です。このため金属アレルギーの方にも安心して使用していただけます。金属であることから、インプラント自体がむし歯になる心配もありません。
天然歯のような美しさと噛み心地は、これまでの入れ歯やブリッジでは実現が難しかったものです。審美性・機能性を兼ね備えたインプラントは、ご自身の歯とほとんど変わらない使用感で、これまで通りに会話や食事を楽しむことができる治療法です。

メリット
・噛み心地に違和感が少ない
・見た目がご自身の歯と変わらず自然
・健康な周囲の歯を削る必要がない
・結果的にご自身の歯を多く残せることにつながる
・取り外す必要がない
・インプラント自体が虫歯になることはない
デメリット
・手術をする必要がある
・保険適用外の治療のため、費用が比較的かかる
・骨量や骨の強度が充分にないと実施できない
・他の方法よりも治療期間が長い
・全身疾患の状態によっては行なえない場合がある(重度の糖尿病など)

義歯・入れ歯〜平均寿命4〜5年以上〜

義歯・入れ歯は失った歯にかわる代表的な治療法です。
歯が1本もない場合のいわゆる総入れ歯(総義歯・フルデンチャー)と、部分的に歯がない場合のいわゆる部分入れ歯(部分床義歯・バーチャルデンチャー)とがあります。
義歯・入れ歯はどのタイプも、歯が抜けた部分の歯肉の粘膜で、噛む力を支える構造になっています。このため口の中の形態を精密に型取りし、粘膜の状態に合わせて義歯を微調整して、しっかりと適合させることが必要です。
歯が抜けたまま放置していると、残っている歯は徐々に移動してしまい、噛み合わせはどんどん悪くなってしまいます。その結果、残っている歯は歯周病などの病気のリスクが高まり、食べ物を噛む咀嚼力の低下から内臓への負担も懸念されます。こうした問題は口の中だけにおさまらず、糖尿病や循環器障害など全身の疾患へとつながる危険性すらあります。
このような事態を防ぐためにも、ご自身のお口に合った義歯・入れ歯を作ることが大切なのです。

メリット
・材質によっては見た目をきれいに仕上げられる(自費負担)
・他の方法と比べ、治療が簡単で期間が短く済む
・保険適用の治療の場合、比較的安価
・健康な周囲の歯を削る必要がない
・取り外して洗浄でき、手入れがしやすい
デメリット
・食べ物を噛むときの感覚が自分の歯と違う
・硬いものが食べづらい場合がある
・留め金などが見えるので、審美性に劣る
・喋るときに発音しづらく感じる場合がある
・食べかすが入れ歯に残ると、むし歯になるリスクが高くなる
・顎の骨が痩せたりすることで、調整や作り替えの必要が出てくる

ブリッジ〜平均寿命7〜8年以上〜

ブリッジは失った歯に隣接する歯を削り、装置を取り付ける方法です。
残っている前後の歯を支えに、まるで橋(ブリッジ)をかけるように、2本の歯を土台にして3本分の補綴物を作ります。入れ歯よりも見た目が自然で、設置したままで取り外ししなくて良いという使いやすさから、人気のある治療法です。
ブリッジは見た目だけでなく、装着の違和感も少ないので自分の歯のように噛めることもメリットです。ただし前後の歯を削ってブリッジの土台にするので、前後の歯が健康で丈夫でないと実施できません。
土台となる前後の歯がない場合も、ブリッジを使用することはできません。ブリッジが選択できない場合には、インプラント治療か入れ歯を提案させていただきます。
歯の位置にもよりますが、保険で治療できるのは連続する歯2本の欠損までです。

メリット
・固定されるので、使用に違和感が少ない
・材質によっては見た目をきれいに仕上げられる(自費負担)
・比較的、治療期間が短く済む
・保険適用の治療の場合、比較的安価
デメリット
・食べ物を噛むときの感覚が自分の歯と違う
・支えにする前後の健康な歯を削る必要がある
・支えにする健康な歯に、大きな負担をかける
・歯肉とブリッジの間に食べかすが残りやすく、むし歯になりやすい

ページ上部へ