料金表

料金表

料金表は、現在準備中となっています。
受診をご検討中の患者様は、西巻デンタルオフィス青森まで、お気軽にお問い合わせください。

お支払い方法

西巻デンタルオフィス青森では、現金だけでなく、下記の各種クレジットカードをご利用いただくことが可能です。

保険診療と自費診療の違い

歯科治療においても、保険診療と自費診療(保険適用外の診療)があります。
むし歯治療や歯周病治療など、基本的な歯科治療の多くは保険診療で行なえます。
しかし、より審美性に優れた義歯を用いるなど、質の高い治療をご希望の場合には「自費診療(保険適用外の診療)」をおすすめします。
当医院では、治療に入る前に患者様のご要望をおうかがいし、疑問点にお応えしたうえで、より患者様のご希望に沿った、ご満足いただける治療内容をご提案させていただきます。

保険診療とは

公的医療保険制度が適用される診療のことです。検査や治療内容が定められており、その決められた範囲内で治療を行なわなくてはなりません。同じ内容の診療は、全国どこの医院でも一律料金となります。
むし歯や歯周病などにおける一般的な治療は、この保険診療で行ないますが、患者様のご希望に沿った治療すべてを保険診療内で実施できるとは限りません。

自費診療とは

保険診療がカバーしていない、より高い機能性や審美的に優れた治療を行なう場合には、自費診療(保険適用外診療)となります。
保険適用範囲外の材料や技術を用いた治療なので、治療費は全額自己負担となりますが、目的にかなった適切な材料と技術による満足度の高い治療を提供することができます。

医療費控除について

医療費控除とは、患者様ご自身と家計をともにするご家族が、一定額以上の医療費を支払った場合、納付した所得税から還付が受けられる制度のことです。
支払った医療費に応じて税金を計算し直す仕組みなので、会社員であっても確定申告をする必要があります。
この医療費控除の対象となる金額は、10万円を超えるものです。
支払った医療費の合計から、保険金などで補填された金額を差し引いて、そこからさらに10万円を引いた金額が控除金額です。(総所得が200万以下の世帯では、10万円ではなく所得の5パーセントの金額です)
医療費控除の対象となる金額は、次の式で確認してみてください。

※所得金額の合計が200万円未満の人は、10万円ではなく所得金額の5%の額

<例>
課税所得金額:400万円
子ども(扶養家族)の矯正治療代:70万円(年間)
保健金補填額:0円
医療費控除額 =(70万円ー0円)ー10万円=60万円 この世帯の課税所得金額に対する税率は30パーセントなので、医療費控除額60万円のうち30パーセントが還付の対象となり、確定申告をすることで18万円が戻ってきます。 つまり実質矯正治療にかかる費用は、70万円-18万円=52万円です。 ※平成30年度現在の制度で試算
課税所得金額:〜195万円以下
税率所得税+住民税 15%
医療費(円)
50万円 60000
70万円 90000
90万円 120000
110万円 150000
130万円 180000
150万円 210000
課税所得金額:195万円超〜330万円以下
税率所得税+住民税 20%
医療費(円)
50万円 80000
70万円 120000
90万円 160000
110万円 200000
130万円 240000
150万円 280000
課税所得金額:330万円超〜695万円以下
税率所得税+住民税 30%
医療費(円)
50万円 120000
70万円 180000
90万円 240000
110万円 300000
130万円 360000
150万円 420000
課税所得金額:695万円超〜900万円以下
税率所得税+住民税 33%
医療費(円)
50万円 132000
70万円 198000
90万円 264000
110万円 330000
130万円 396000
150万円 462000
課税所得金額:900万円超〜1800万円以下
税率所得税+住民税 43%
医療費(円)
50万円 172000
70万円 258000
90万円 344000
110万円 430000
130万円 516000
150万円 602000
課税所得金額:1800万円超〜
税率所得税+住民税 50%
医療費(円)
50万円 200000
70万円 300000
90万円 400000
110万円 500000
130万円 600000
150万円 700000

ページ上部へ